恋人への気持ちを叫ぶ

好きだーーーーー!!!

CERO:C

 はいどうも、佐藤です。感情吐き出すときばっかり記事書くもんだから、喧嘩ブログみたいになってるけど本来そうじゃないですよ! 彼とはまた持ち直して仲直りしまして、新しくルールも少し作りまして、また結婚を中間目標に交際していくことになりました。(私が彼を逃がすわけがないんですけどね←) まあこれからもどうぞ生暖かく見守っていただいて……このブログもどうぞご贔屓に。

 で、今回は打って変わりまして。タイトル的に分かるかもしれませんが、ちょっとアレな話を。(自分の表現の限界に挑戦して、直接的な言葉を避けて記事を書いてみようと思います)

 吐き溜め並みの纏まりの無い文になります、ご容赦。

 

 

個人的な話なんですが

 私は彼と恋人になってから長いこと(?)、お互いのためにソーシャルディスタンス(意味深)を守って“繋がる”ようにしてきました。私の立場上まだ母親になるだけの環境も器量も無いし、かき集めた知識を盲目的に信じて万が一を恐れて、ソレだけは守ってきました。彼もそれを了承の上でずっと私を優しく抱き締めてくれてきてましたが……交際から半年以上は経ったある日、彼を“直接”感じたいと思うようになりました。怖いのと、もっと求めたいのと、触れたいのと。きっかけは相変わらずすれ違いの喧嘩でしたが、それまで守ってきた“隔たり”を退けて、彼を深く感じたいとなぜかその時、初めて何か覚悟をしました。母になるなどではなくて、彼を直に受け入れる、という意味で。私からそう言ったのは初めてで、実質それが初めての彼との本当の交わりを感じました。

 それはそれとして良かったのですが……それからというもの、“ソーシャルディスタンス”を守れなくなってしまいました。たった1㎜未満の対策を張るだけでいいのに、それまで出来ていたそれが出来なくなってしまいました。彼が気遣い、隔たりを置こうとしてくれても、それですら私は邪魔になってしまいました。

 高いシンクロ率というか、同じ感覚の共有ができているような気がして、彼の心や愛情をより感じられて、どうにも1枚のソレが極めて邪魔だな、と。

 分かってますよ、危険とか考え無しとか猿とか言われる可能性が高いのは! 私だってそれまではそっち側でしたよ、というか彼の年齢や特性によってはそっち側のままでした。でも彼は自身(意味深)をコントロールできているし、最終的にはきちんと“リスク”を避けるし、可能性はゼロの水準を保ってます。私は今までそれができると思っていなかったから徹底的に“距離”を挟んでいたのですが、大丈夫なんだなと分かってからは必要以上に怖がりもせず、毎回“0距離”で繋がるようになりました。というか、毎回“隔てる”のに意味があるのかと疑問を抱いて、そういう風にしています。でも……結果的に“考えなしの猿”と似た状況に陥っているのが自分的にこれでいいのか、と。悪いとは思わないですが、胸を張って堂々と人に「距離は守るべき」と言えないような気がしてしまうのです。私の主張としては「自身の制御ができて信用に値する唯一の男性で且つ、愛情と責任感があるなら大丈夫」という見解ですが、それを計るのは極めて難しいものです。私だからできることだし、お互い合意だから。でも、若いお猿さんたちはそれを全く考えずに同じことをしてしまいます。

 立ち止まって考えても、考えず突っ走っても同じ結果になるのは、なんだか皮肉です。石橋は叩いても叩かなくても頑丈なのかしら。

 

 ……私はこれからも変わりませんけどね。

一日の大半を恋人のことを考えながら過ごす人間です。

けんか5日目、6日目

 情緒グラグラの佐藤です。火曜日に喧嘩発生して、昨日で早いこと5日目、今日で6日目です。昨日は友人と会う約束だったので、家からおよそ50分ほどかかるゲーセンにチャリを用いて行き、しばらく遊んで友人同士の親睦を深め、最後に本屋に寄って19時過ぎ辺りに駅で解散、チャリを回収&全速力で帰ってきました。私には(恋人と決めた)門限があるので、それはまぁ必死で。期末考査で寝坊した学生並みの全力でスピード出して帰ってきました。19:59。うん、セーフだ。ロードバイクより速かったかもしれない。

 喧嘩中で連絡しないし私が帰るのは実家だから別に門限過ぎてもバレたりは無いけど、ルールってそういうもんじゃないもんね。目が届かないなら尚更信頼でやってるもので守るべきだし、こういうの破ったり嘘ついたりしたら信用が崩れちゃうからね。私はこのポリシーは貫くべきだと思ってます。てか、喧嘩したからってすぐルール破ったりするようじゃ、それまでですから。物理的だろうが心理的だろうが、離れてるときこそきちんとすべきなんだと思います、こういうのは。

 

ブログ書いてるとなんかLINE来る

 で、前回少し触れたけどなんか、こうやってブログ書いてるときに限って恋人からLINE来ます(今来た)。なんやろ、そういうジンクス? とりあえず見に行って返信します。ぁぁぁ、返信しようとしたら眠くなる……マジでこれどうにかならんのかな。ストレスから逃げすぎでしょ、私。

 

────

 

 …………やってしまったような気がしつつ……。えーと、ざっくりですが、彼から直してほしいところというか新ルールが2つ提示されました。『相手の決めつけ禁止、仕事終わるまでLINEしない』です。で、『これで話し合い要らないから今週会う必要ないね』という内容です。テキストメッセージだし実際すれ違いは多いので、LINEではめちゃくちゃ自分は抑え込んでる方です。私は自分の立場を考えて、「言えることはない」と返しました。でもあまりにも個人的には彼の『会いたくない』を感じてしまい、ついカッとなって

「会いたいか会いたくないか」

 冷静な文でありつつ、感情を乗せてしまったことに若干の後悔をしました。彼は会いたいと言いつつ『伝えたいことは伝えたし、特にそちらの話したいこともないようだし、リアルもバタバタで落ち着くまで待った方がいいのかなと』などと返信してきました。

『佐藤さんはどっちですか』

 少し考えて、「個人的には会いたいが、私が主張すべきではないと思っている」と思うがまま返しました。喧嘩の原因は私のテキストメッセージである以上、こちらから意見を言う隙は無いと思っています、という内容も付け加えて。

 私のその全面降伏を彼が受けると、通話することになりました。

 

2時間後────。

 

 LINEのメッセージの振り返りをしつつ、おおかたのすれ違いや解釈違いの解消を済ませました。で、端的に言うとほとんど仲直りしました。結果的に彼は私の話や意見を受けて自分の悪いところも認めました。“決めつけ”の定義や回避の言い回し、既読の有無、メッセージの拡大解釈……何より今回はLINE故のすれ違いが多くあったように感じました。これに関してはお互い反省と言うか、まあ話し合いができてよかったと思います。最後に好きって言わせることもできましたし、ね。LINE振り返り解釈説明はまだ最後までいってませんが、また続きは次やることにします。

※今回は夜中の電話で疲弊し続きのブログ書くゆとりが無かったため、翌日に持ち越して2日がかりの記事になっています。その関係で、前後でテンション違ったらすみません。

 

……1つ今回のことで、課題というか疑問というか、モヤっとした点が生まれました。

 

彼は私を大切にしようと思ってくれてるの?

 これです。女は男に尽くすのが当たり前になってます。働く男、支える女。ストレスを抱える男、受け止める女。疲れた男を癒す、女。古くからのこの構図、現代的には嫌われる風潮ですよね。でも私はこのケースが実際多いと思うし、ある程度仕方ないと思うし、自分達はこのパターンにそこそこ当てはまると思ってます。

 でも本来、恋人や夫婦は心で繋がる存在。女だって、ただ相手のストレスを受け止めたり癒したりするだけの存在では無いと思っています。それでふと生まれたのが、「彼は私を大切にしようと思ってくれてるの?」です。私が彼を大切にしようと想うのは当たり前。でも、彼だって私を好きで選んでくれたんです。それなら、私だって大切にされてもいいのでは? 今回の件の最中、彼は私にLINEで『自分以外を大切に思っていない』と言いました。でも、それって彼が言えることなのでしょうか。

 通話で、彼に私は問いました。彼は少し考えた後、『大切に思っているつもりだったが、そういう事例が思いつかないということは行動が伴っていなかったということかもしれない』。

 

 ………………1つ、これからの課題ですね。(苦笑)

かんじょうを、おさえこんで。

雨雲のような霧のような、心のモヤモヤ

 彼から朝、LINE来ました。

『どうでもいいと思ってるんだろ。未読の意図も説明されない限り判るわけがない。相手がどう解釈するか考えず未読にしてるなんて自己満だ。そんな対応しといて俺が何か言ったら決めつけだとは乱暴だ。これを決めつけと言うならお前の“会いたくもLINEしたくないだろう”というのも決めつけ、俺はまだ考えてるだけ。』

 

 ……私はとても理性的で感情的で、ちゃんとした返しを捻り出したい人間です。でももう、火曜日からこれをしていて心の防衛が働き始めたようで、思考力が鈍化しました。というか、脳が逃げ始めているのを少し感じました。よく言えば「大人な対応」、悪く言えば「思考放棄」……いや、少し違うかもしれない。考えた上で、考えても無駄だと判断しました。

 

 1つ、会う会わないLINEするしないの主導権は今、彼にあります。彼は今ちょうどリアルがバタバタしてて忙しく仕事もあるので、私が会いたいと言ったりわがままを言える立場ではないのです。それは根底で理解があり、私もそこまで自分を制御できないほどダメな女に成り下がりたくは、ない。忙しい彼の生活が一段落するまで少し待ちます。

 2つ、彼もいま冷静ではありません。彼は諍いや衝突、話し合いの喧嘩が終わったあとによく、反省や謝罪をします。別に反省させるとか彼を変えるとか恐れ多いことは言わないです、人間ですから。でも、きっと彼は自分の行動を省みて、何か後で思うことはあると思います。だから、冷静になれるまで待ちます。

 3つ、火に油だからです。彼も私も基本素直なのに、相手が皮肉や煽るようなことをすると必ず倍返ししたくなります。特に彼は、徹底的にします。私自身は自分のその性質を理解し、送りたくなったメッセージをメモ帳でまずぶちまけて、彼に余計な感情や皮肉を送りつけないよう制御の努力をしてます。時に言いたいことが我慢できず送ってしまうことはありますが、そうやって蛇足を削いできました。

 

 今回そうやって待って削って考えて返信をしようとしたら、とてもコンパクトにまとまってしまいました。

「そうでしたか、それはごめんなさい。
未読とか気にしてるとは思いませんでした。

では待ってますね。」

 反論したいことはある。補足説明もたくさんある。でも、TPOで言うべきじゃない。感情があまり感じられない文になって自分でも心が痛くなったけど、私なりの正解を今回導き出せて、心の痛みと引き換えに衝突をひとつ避けられた気がしました。そして、彼の逃げ方と同じことをしている気がして、また心に靄が顔を覗かせました。

 

 そして、たった今(22時前)LINEが来ました。ブログ書いてるとLINE来るジンクスでもあるんですかね。(笑)

 

LINEと返信

 いやいや、こんなとこで油売ってんでさっさと返し!って感じですが、ひとつ面白い現象見っけて忘れる前に書いとこかなと。えと、彼のLINEに今返信しようとしたら、手とまぶたが重くなりました。負荷ストレスがエグいみたいっす。w でもここで眠ると彼が一方的に関係を終わらせてくる恐れが十二分にあるので、眠気に負けず頑張ります(ほんとは仮眠しようと思ったんだが)。あ、ちなみに夜勤はストレスが強すぎる今まともにできるわけないから休みました。

 内容はざっくり、全部丁寧語で『週末話し合おう、文字ですれ違いたくない』「了解」『ありがとう、当日よろしく』「こちらこそ」。私はもう今の彼を刺激しない最低限の言葉選びしかできんから、これが精一杯です。自分の皮肉を押さえ込んで言いたいこと今はぶちまけんよう我慢しないとやし。

 言いたいこと言えん関係なんか恋人ちゃう!ってよく言うよな、でもそれって人によるし私みたいな皮肉属性持ちの奴はマジでTPO考えて少しは黙るべきだと思います。あ、いやかなり。

 

吐き溜め

 しかしなぁ日曜かぁ、もう彼の温もり感じられず一週間になるわけや。流石に禁断症状出そう。別に体が目的って言ってるんやなくて、ハグをして眠りたいだけ。彼が私を大切にしたいって思ってくれたらな。無理かな。自傷とかできたら楽になるんかな、私は痛いのも汚いのも嫌いだからビンタくらいしかできん。掻くのも嫌だもん。破壊衝動があるけど、スマホ壊したり自分のもの壊したりできないし。最近は過眠気味だ。嫌なことあるとすぐ寝てしまう。あ、性欲も落ちてる気がする。エロ動画観る気にならんし。恋人思い出して寂しくなるし。でもまたそのまま過眠コース。

 不眠より過眠の方がサボってるって感じの怠け者に思われるし、理解されないし。って、別に鬱ブログじゃないし書くべきじゃねーな、スレチだわ()

 はぁ~ぁあ、スッキリしないなぁ、今日は。

離れていかないでほしいと言われた翌日のLINE。

喧嘩しました、長引きそう。

 佐藤です。えぇとまず個人的なここの報告です……破局日記に関してはさらっと言っておきますがもう書きません() 理由は、復縁までの下積みという明確な目的がなくなり書けなくなったからです。強い意思がないとね、難しいんですよ() というわけで打ち切ります。(無責任)

 で、本題ですけども、今回はっきり喧嘩しました。あ、LINEでね。珍しく、諍いとか話し合いのレベルじゃないような、かなり感情的な?喧嘩だと思います。しかも多分、本格的に会わないとか連絡しないってのが数日は続きそうです、私もそれを甘んじて受け入れた状態で、“待ってます”と今朝最後にLINEしてもう12時間以上経ってます。また彼にめちゃくちゃ私自身を否定されるようなことを言われ、私もワーッとなってしまいましたが、彼自身の悪口はそんなに言ってないはず……でも皮肉っぽいことは言ってしまったかなぁ。それでも彼のことはずっと好きで、でも喧嘩中だから好きって言いたいの我慢したり頑張ったんだけどなぁ。

 あ、気づいたかもしれませんが、今回は誰得でなんの役にも立たない吐き溜め日記です。ごめんなさい、何かを参考にしようと来た方はブラウザバックで……。

 

吐き溜め

 恋人さんへ。今回はLINEのやり取りにおける私の“決め付け”と“押し付け”が主な原因で喧嘩に発展したね。いってらっしゃい、おつかれ、おかえりなど、仕事状況も分かってないくせに決め付けてLINEされると不愉快、と。ちょっと嫌みというか、皮肉っぽい言い方をあなたはしました。私は不満や思ってることがあるなら言葉で言ってほしかったし、そういうのは言わないと伝わらないから教えてね、と交際初期から伝えてきたので、溜め込まれて皮肉った仕返しの嫌み付きで言われるとは思ってなかったです。

 『俺がどんな状況か分からない時は決め付けてまでLINEしないで、仕事終わってないのにお帰りとか来ても嬉しくない』ってそう言葉でシンプルに言ってくれるだけで私は受け入れられたのに、『いっつもされるから同じことしてみた、やっぱ不愉快に感じるのは当たり前だよね?』って、溜め込んだストレスをただいたずらにぶつけられているように感じました。私を傷つける意図が無いならこの表現はしないと思いました。その後も『そういうきらいがあるから俺もそれを考慮して接するようにする』とLINEを投げましたね。つまり、『そういう人間性だから諦めて折り合いつけて応対するようにするよ』ということ、です。私に変わってほしいと言うのでもなく溜まった不満をいきなりぶちまけ、更に人格を否定して自分が折れてやる、とそういうLINEをしたわけです。だから我慢できず私は、感情的になりました。「あなたがしょっちゅう私に見切りをつけているのは分かっている」、そうLINEしました。LINE電話で声を聴きたいと言ってもなかなかしてくれないことや、毎日のLINEの内容の素っ気なさを指摘したら『そんなことないよ』と適当にあしらわれたこと、なによりLINEでこういう傷付け方をしてくる、ということ。いつもあなたが別れを切り出して、私が必死で引き留めて。だから、すがり付かれて別れられないから私と当たり障りの無い薄い関係性を求めて、そういう扱いをしてるんだって。そりゃ、そう判断するよ。……それでその後、『俺を貶める発言にお前のすべてが表れてる、結局その程度だ』って。心が大きなヒビが入りました。でもいいの、私が彼への気持ちがどれだけ本気なのか、私が死なないと分からないと思う。まあ、生死を持ち出すのはNGだから、言わないけどね。

 『結局自分が大切で、自分以外大切じゃないんだね』って言うけど、私は言いたくないけど、あなただけを思ってあなたのためのLINEを書くし会うこともするし、デートの服だって考えて、仕事終わってるかなって想ってLINEしてた。大切にしたいから、想い過ごした。なんなら次仕事が終わってLINE見るときに「おつかれ」って来てたら喜んでくれたりするかな、って思った。私だったら、仕事終わる時間なんとなく予想してそう言ってくれるの嬉しいもん。でもそれがあなたには違って、煩わしくて重荷で不快なだけだった。知らなかった。こんなこと言ったらほんと役に立たない女みたいだけど、言ってほしかった。こんな風に溜め込んで倍傷つけるくらいなら、不満をちょこちょこ吐いてほしかった。あなたは、私を大切に思ってくれてるの? あなたは私に『空々しい自分のやりたいLINEを押し付けてるだけ』と言ったけど、私は今回あなたの「自分を察して」を押し付けられているのかな、って感じました。だって、言われないと私はわからないゴミだから。でも、ゴミを選んだのもあなただから、言葉にするくらいしてくれて、いいじゃん……。

 

 言いたいことほんとは色々あるけど、眠くなってきちゃった。あと伝えたいことは、早く仲直りしたいです、大好きって勝手ながら早く言いたいから。今は、最後のあなたのLINEを未読にしてるけど、それはあなたの通知を消したくないからです。少しでもあなたの痕跡を残しておきたい。あなたの香りに包まれて寝たい……。

────って、ここで打ってるそばからあなたからLINEが来た。

 

なんで、今。(進行系)

 

『LINE見ることすらしないってことはそういうことなんだな。正直もうお前が何を考えてるかわからない。おやすみ』

 ……だめだだめだ、感情的になっちゃいけない、私が我慢しなきゃいけないんだ、私が悪いんだから…………私だけが、悪いの……? ……自分を許そうとしちゃだめだよね、そう考えるから彼は私に失望するんだ。でも、なんでLINEも会うことも自分の意のままでしばらく私を放っておく選択をしたあなたが、わざわざLINEを見に来たの? 分からないのは私だよ、だってもう私を大切にできないくらい、好きじゃないんでしょ? 自分が大切って、認めてよ、私を楽にさせてよ。大切に思う余地がないなら、背中を押してよ。特快で、空まで逝くから。死んでもあなたを好きで居続ける私を、心に遺してよ。寂しいし苦しいし愛おしいね。感情の迷路に迷い込んで逃げて、私を忘れられなくなって。

 なんてね、そんなこと言わないよ。私は理性的だからねw もちろん本音だけど、書くのはここでだけ。あなたのLINEには、ちゃんとあなた用に作り直します。

「そういうことってどういうことですか。
それはあなたの決め付けじゃないんですか。

LINE見たらあなたの痕跡が消えるから未読にしたの。
しばらく私と会いもLINEもしないなら、

残しておきたくて。私はずっと
あなたが好きということしか考えてないです。

おやすみなさい。

 

気が向かなければ返さなくていいです。

これ以上私を嫌いになるだけなら返さないでいい。」

 

 送った。……あ、やっぱり最後は取り消そ。消し消し。

「……何を考えてるか
そもそも向き合おうとしてないのは、
亨さんじゃないんですか。私は、ずっと
待ってると、最後にLINEしてます。
亨さんは、私を見てもいないんじゃないですか。
そうやって私以外の人とも、ずっと逃げて

接してきたから、分からないんじゃないですか。」

 これも、まだまだ伝えられる段階じゃない。てか、伝えたいことがどうしても煽り口調?になるの良くないな、タロット占いで“皮肉屋”って出たくらいだし、やっぱ性質なのだろうか。同時に“自滅的”とも。うぅーん、望んでないんだけど()

 そうやって、最後を「おやすみ、改めて待ってる」と書き換えて、投下。即既読にはならず、あぁ、やっぱり書き逃げかなって、もう寝て無視のテイだなって諦めようとして────

 

──数秒後、“既読”の表示にドキリ。あぁもう待って、あなたが私を嫌いになる思考回路になってるのは分かってるの、お願い、今日はもう返信してこないで……また傷つけられるの、今は耐えられるか分からない。傷つけるLINEを投げるだけ投げて、返信が遅ければそれも咎めて更に嫌って、私のLINEを見ずに未読無視で寝付く。きっとその流れだ、怖い。嫌だ、怖い……来ないで……!

 

 内心、パニックだ。この、LINEが来るか来ないか分からずビクビク待たなければいけない夜も苦しい。嗚呼、明日は夜勤のバイト休もうかな……万一彼が呼び出してくれたら行くし、何よりこんな情緒でLINEも気になって仕事なんか、できる気がしない。またトイレで30分泣き続けることになるかも、いや30分じゃきっと済まない。

 怖い、この孤独で真っ暗闇なこの時間が。早く抜けたい、寝てしまいたい、さっきまであんなに眠かったのに、彼のLINEが来てから頭が痛くなってきた。寝れそうにない、でも横たわってるからきっともう寝れる。だから、寝てしまいたい。でも……翌朝取り返しのつかないことになってることを想像すると、怖い。怖くて、足元もおぼつかない、にっちもさっちも。

 

 ……彼はいつでも別れられるんだもん、私は、別れたら死んじゃうのに。

破局日記 改め 復縁日記 3日目

急展開

 アニョハセヨ~、佐藤です。タイトルでお察しだと思いますが……あの、復縁しました。はい、まあちょっとこれは色々あったんですが、パターンでいうといつもの家に押し掛けるという強行手段です。まああの、下記でまとめますね。

 

経緯

 2日目の先日、実は私は例のLINEを開いてしまいました。周りにも相談したり話したりしていたのですが、「いま無視し続けると手遅れになる」と助言をもらい、渋々見ることに……早くも未読無視の意思、崩壊。すると私の予想は少し外れ、一つの通知にはとんでもない長文ひとつが隠されていました。内容と言うと、

 

「言い過ぎた、ごめん。俺の心境はこれこれこうだった。俺から言ってなんだけど、7月を待たずして別れる可能性を含めて話し合いをしないか。それすら不要ならもういい」

 

と言ったところです。(刺々しい意訳ですが)ざっとこんな感じです。でも私はまだ“LINE返信させるトラップかもしれない”と警戒を解かず、メールの方で連絡しました。彼に好きという気持ちか残っているうちに、冷めないうちに説得してしまおう、と。w 可能な日程に“今夜”という候補も書いて送りました。メールを送った後、彼の自宅のエリアまで移動して返信が来るのを待ちました。そしてしばらくして返ってきたメールで、「6月中旬」の日程を選ばれたので、私は帰ることにしました。いや、ゆっくり帰ることにしました。メールで「わかりました、じゃあ帰ります」と送る卑怯な手を使って、彼が止めてくれるのを期待したら案の定、電話で「来てるの?」と引き留められ、そのまま話し合うことに。

その後彼の家に行くと、予想に反して彼はよく話を進めてくれて、そしてなによりものすごく反省していて、最終的に仲直りしてくれませんかと向こうから持ちかけてくれました。どうしても別れたいとばかり思っていたので意外でした。従来のパターンなら、私がものすごく謝って、仲直りのハグをして、彼も少し反省をして……なのですが。今回は彼が謝罪して、話を進めて、仲直りを希望してくれました。ハグするときも、ものすごーく力強くてw 繰り返しごめんねって言ってくれました。彼の中で何かが少し変わったようです。

 

 あ、もちろん終電は逃しました。

 

掃き溜め

 というわけで始めたばかりの日記はこれで一旦終わりですww でも形を変えて少し続けてみようかなと思います。日中に書けるといいな、夜は仕事入れてるので……。

 スッキリしてここで書くことなくなっちゃったので、破局日の最後のLINEに考えてた返信文を載せます。使わなくなってしまいました。(笑)

 

(5/22 16:41~18:10)
(「6月いっぱいまでは連絡しないで」ということで、このメッセージは現時点で送れないけど、それでも今の私を残させてください。)
分かりました、それで構いません。
ここまでひどいことをされたと認識していながら可能性を、希望を残してくれるんですね。それが蜘蛛の糸だとしても、私はそう言ってもらえることで、7月まで頑張って生きられます。曖昧な表現や言い回しから、最後まで優しいあなたを垣間見ました。ありがとう。こんなときに言うことではありませんが、大好きです。あなたはやっぱりこの世で一番素敵な人です、私の最初で最後の人があなたで良かった。出会ってくれてありがとう。
この冷却期間、あなただけを想い続けて、他の人の所には絶対に行きません、出会い系もチャットもしません。この自業自得の寂しさは、あなた以外の人に慰めてもらってどうにかなるものでもどうにかするものでもないと思います。あなた以上に大切にしたいと思える人なんか居ないし、この痛みが自分の反省には絶対必須だと思います。罪と罰だと思います。だから、7月になるまで期待されていなくても、忘れられていても、待っていてほしいです。いや、きっとあなたは待ってはいないでしょう。でも、待っているという希望を抱かせてください。

あなたのせいと言うつもりは全くありませんでした、私自身の自己都合に過ぎませんから、そんな当て付けのような意味合いが含まれるように見えるLINEになってしまって申し訳ありません。私の不誠実さ、これに尽きます。とにかく精神力が足りなくて、そういうことばかり目立って、最低ですよね。今の私には経済力も人間力も生活力もありません。この一ヶ月間と少し、あなたに見合う人間に近づけるようとにかく人間力を養います。
バイトは1ヶ月契約で六月更新だったからそれからは無しにするということで、あまりに無責任な辞め方はしないつもりでした。ですが、改めてあなたと交際するのにも貯金はあった方がいいのでやっぱり同じペースで6月も働くことにします。バイトはお金を稼ぐ目的もありますが、仕事をしながら交際をするあなたの立場を少し知りたかったのです。責任と私情に挟まれる恋愛の大変さを、少しでも自身で知っておきたかったのです。

怒る気持ちをそのまま伝えるのも、アルバムを消すのも、突き放す口調も、私を思い出さないためですよね。色んな理由があると思いますが、それが大きいかと思います。私に痛みを知ってほしいからかもしれない。実際、積み上げてきたものすべてがガラガラと崩れるような、あなたとの思い出が無かったことになっていくような、心に突き刺さるダメージは今大きくあります。もしかしたら、家にあるものも色々捨てちゃってるかもしれないですね。ふくにゃんとか、プレゼント類とか、ネックレスとか、リュックも次会う頃にはもう使ってないかもしれない。私との軌跡はあなたの中では嫌な記憶としてしまわれて、痕跡も無いかもしれない。
でもそうしてあなたが今までの私たちを全て清算してしまうことで、改めて私との交際をすることができるようになるなら、必要な代償なのだと思います。今までの思い出と引き換えにこれからを作っていけるなら、それで構いません。辛くて、涙が止まらないけど、いつしかあなたの言っていた“ほんとの恋人”になれるなら、私はこれを乗り越える必要があるのだと思います。だから、今は自分を変えられるよう努力します。
今までずっとありがとう。これからも一緒に居たいです。

破局日記2日目

現在の状況

 おはやうみんな、佐藤です。今は比較的(心が)穏やかだよ、起きたばっかりなんだ(夜勤で早速生活リズムが壊れた)。で、ブログ書いてる。はてブロ専用のアプリ入れてみたんだ、見出しがこのサイズ一択なのが使いにくいけど、大した記事書かんからまぁいいか。

 今日はちょっと暑いね、扇風機回してる。夜には涼しくなるかね……はー、今日は夜勤かぁ……とにかくね、まだ始まったばかりだから……言い訳がましくなるが、いきなり自分を変えるのってなかなか難しいもんで、ちょっとずつこの期間に変わっていけたらなと思ってる、うん。

 というわけで今日も書いてくよ。彼を想い続ける証拠として書いてるのが主だからね。彼と別れても今はまだ可能性を信じてるから、ペアネックレスだってずっと着けっぱなしだ。いいだろ、こういうのって形からやってくもんだから。まあ彼は着けてないけどね、アハハ……。() あ、口調は日によって変わるかもしれないので悪しからず。

 

 で、ですね。急ですけど、ちょっと動きがあったので下記で少し説明というかまあ、話します。

 

LINEと対応

 まず、破局が起きたのは土曜の夕方前です。(私は破局日は0日目とカウントします。)ざっくり最後のLINEをまとめると、「言い訳するな、不誠実を認めろ、6月いっぱいまでに連絡来たらブロックする、もう多分信用しない、7月お互い気が向けばやり直してやってもいい、その他罵詈雑言」といった内容です(若干省略上意訳アリ)。その後、LINEに登録してたアルバムも、今年の四月以降のが消されてました。旅行の写真もかな……多分、数が多くて全部消すのは面倒になったんだと思います。私は結果、何も返さず1ヶ月を頑張って乗りきることにしました。このブログにも書いたけど、そういう覚悟をしたところです。

 で、破局2日目月曜の深夜。なんと…………その彼からLINEが来ました。あ、“彼”ってのはあの三人称的な意味で恋人関係の“彼”を指すのではなくて単に深い意味はないです厳密には元カレですし……いやまあそんなんどうでもいいんですが、とにかくLINEが来てたんですよ。え??ってなりますよね、なりました。LINEが来た頃ちょうど私は別のスマホで音楽を聴きながらベランダで泣いていたので気づきませんでしたが、部屋に戻って該当スマホを見てみれば、0:53の通知。

 

「LINEしたらブロックというのはあまりにも卑怯なやり方でした。佐藤さんへの物言いも感情的で抽象的な────」

 

 メッセージはここで途切れている……(通知だからそれ以上見れなかっただけ)。私は考えました。元カレの彼が何を目的にこのメッセージを送ってきたのか、中身は何なのか、どう対応するのが正解なのか、とにかくそう簡単に封を開けてはいけないと思いました。あれです、不審なメールを開けてはいけないのと同じ……いや、ちょっと違うか。まあ、LINEは一度開くと“既読”が付くので、それによって引き起こされる問題も考慮して、私はいくつかの可能性に基づいてある選択肢を取りました。それはズバリ、未読無視です。その理由を、順を追ったり追わなかったりして解説します。

 まず、彼が送ってきた意図を考えます。メッセージは上記の通り、読める範囲でしか推測できませんが……私が思うに、多分開いても傷つくだけで何も変わらないと思ったんです。というか、そのリスクがある以上開かない方がいい、と。

 まず内容について、いくつかの可能性は考えられますね。「ごめん言いすぎた、やっぱり考え直そう」か、「追記、俺の意見は変わらない」か、「やっぱ希望は潰した方がいいな、猶予無し。完全に別れるわ」か。他にもあるのかな、でも私が思い付くのはこれくらいです。でもやっぱり、どれを取っても死亡しかないんですよ。なぜか? それは、先日のメッセージにある通り「LINE連絡=ブロックの即死イベント」だからです。今までの傾向と私の性質上、彼のLINEは私にとってとても興味深く関心が強く、開けたら必ずと言っていいほど割とすぐ返します。即ち、このメッセージはきっと返信を促進する誘導メッセージなんだと推測できます。内容見たら返信、当たり前だけど私はその当たり前で爆死するわけです。この会わない期間頑張ろうという覚悟を決めた矢先、こんな罠に引っ掛かっていられません。だから私は彼の罠には乗りません。

 え? “既読無視すればいい”? いやいや、もっといけません。彼の性質上、諍いの最中に既読無視なんかしようものなら「既読無視ですか」と一蹴されて終わりです。今回ならきっと本当のお別れに繋がる、それも即死スイッチだと思います。既読を付ける→返さないと怒るから返信しなきゃ→でも返信したらブロック。ね、開いちゃいけないと思うでしょ。だから私は開きません。仮に「返信しないとブロックします」といった内容でも、いやでもどっちみちブロックするやんけーで終わりです。というか、そんなコロコロ重要ルール変えられても対応しきれません。ルールに矛盾が生じたらルールになりませんでしょ。まあ、そもそももう別れてしまっているので(お互い)振り回される必要も無いんですけど。今私が生きてるのは、あくまで復縁の可能性があるから延命してるだけです。

 あ、あと比較的ポジティブな可能性として最初に「前言撤回再構築希望メッセージ」のことを挙げましたね。純粋に良心の呵責から「言いすぎた」と彼自身が感じ、冷静になって今後のことも少し考え罪悪感に耐えかねてメッセージを送ったと。これに関して、多分今まで上げた中では一番良いパターンではありますが、申し訳ないけどこれは私の感情面で納得できません。だって、一旦LINEやめようって言ったのは私じゃないですから。これに関しては特に説明要りませんよね、まあ私がとやかく言える立場ではありませんし言う気もないので、この可能性についてはこれくらいで。まあ、一番彼が送る可能性は低いメッセージだと思いますが。

 

 あとそうだ、通知がその一つだけだったので。連投とかなら何事?ってなるけど、この一個のみで、それ以上特に来てなかったし、長さもどんなもんか分からなかったので。良い方に転がる未来があまり展望できず、未読にしてます。「やっぱ言いすぎたわ」なんて内容、今まで何度も目にしてます。通知から読める範囲でそれを持ってくるってことは、やっぱ進展は無いのかなと。ほら、通知とか考えると一番伝えたいことを頭に持ってきたいでしょ? 別に今開かないとダメってことはないだろうし。

 でも今後またLINEが来たらどうしようか……私は彼のルールに則って、無視が一番だと思うのですが。それで私の生きる希望が無くなるのもあれなんですけど、まあ彼が仮に、億が一にも私と再交際したいなら、多分LINE以外の連絡手段をいくらでも取れるから。LINEは電話だろうがなんだろうがもうスルーでいいかな……はぁ、とにかくもうヤメだ。何にもならないんだから。今日は終わり! 閉廷! みんな解散!

 

掃き溜め

 そういやこないだ、宇都宮に行って餃天堂の餃子テイクアウトで買う夢を見たよ。彼と旅行で食べたのがやっぱ印象的だったんだよなぁ。帰ってきて今とは別の別れ話(4回目)になってたけど……。旅行も楽しかったとは思うけど、何かとすれ違ったりしてたかも。この際認めてしまおう……でもやっぱり、そういうの全部ひっくるめても彼と居たかった。一緒に何か食べたり、観たり、笑ったり、ずっとそうしていたかったです。

 私が死んだら彼がどんな反応するか想像してみよう。せいせいしたと喜ぶ? 元恋人として悲しむ? うーん、彼の性格上たぶん前者は無いな、でも後者もどうなんだろうって感じ。あー……きっと、“無関心”だな。だってもう元カノだもん、私は彼の過去にすぎないもん。彼はそこんとこドライだからね、きっと心の隅っこにも私を置いてはくれない。私は……寂しいなぁ、心残りになってしまいそう。もちろん、生き甲斐を失ったから死ぬってのがメインだよ、でもせっかく死ぬなら君の心にずっと生きていたいじゃないか。あぁ、私はこんなに好きで、なんだかアンフェアだなぁ。恋愛って案外理不尽なのかもね。

 別れたら死ぬって私が言っても君は、それは脅迫に他ならないと言った、怖いだけだと。そりゃそうよな、私はそれを理解したから言わない。でも、その考えは変わらない。私は好きな人に生き、好きな人で死にたいんだ。私の人生目標は、真実の一つの愛だけ。それが基盤で、それがないと何をやっても味がない。知ってしまったらもう戻れない。それまでは努力なんかしなかったし気楽に目標もなく生きていけたろうな、ずいぶん私は高望みをしてしまったのかも。

 

 会いたいって言ってたけど、今も会いたいし涙は無限湧きするけど、やっぱりしばらく会いたくない。本気で君が突き放して今回初めて冷却期間みたいなお別れになったんだから、せっかくなら全うしようよ。ここでどちらかが「やっぱり期間中に会おう」って言ったら、どちらも一貫性がないってことになるよ。一貫性の無い私を嫌いだったでしょ? 私はこの期間でとゃんと成長目指して頑張るよ、大好きな君に胸を張って最期に「大好き」と伝えられるように。

破局日記1日目

 あらすじ

 彼に別れを告げられ、しばらく連絡も禁じられ打つ手のなくなった佐藤。感傷に浸る暇もなく、日常は容赦無く流れていく。社会不適合者メンヘラ佐藤は、タスクや夜勤の仕事により精神的に疲労困憊、日中は泥のようにこんこんと眠り続けるだけの日々。部屋で一人泣いて泣いて、夜勤の仕事では思い出しつつグッと涙を抑えて働く。「これではだめだ」と、自律を考える。

 

とりあえず目標

 私は恋人のことばかり考えて、落ち込めば何も手につかなくなる社会不適合のメンヘラADHD(まがい)です。でも、いつまでもそのままでいいわけがない。というわけでこれからは、彼に連絡が取れるようになるまでとりあえず、自分なりにできる努力を考えて実行していくことにしました。

 

 まず、やることはしっかりやる。これ、本当に大事です。どんなに辛いことがあっても時間は止まってくれないし、彼だって私に振り回されて辛かった翌日も仕事にはきちんと行っていた。生きていくのだって責任が伴う。失恋鬱はバカにできない、それは知ってます。でも、その後も生きていくつもりなら……最低限自分のやるべきことができていないなら、復縁を迫りたくたって自信を持って主張もできないです。彼はとても素敵な人です。大人気ないところもあるし、頑固なところもあるけど、そんなのを含めてもどう足掻いても魅力的で、そもそも私が彼と付き合えたのだって奇跡とも言えるくらい……だから今回別れるべくして別れたのなら、付き合えるべくしてやり直すべきでしょう。復縁を迫るのに最低限まずは堂々とできるように、この1ヶ月間を無駄に過ごさないようにします。私でいうと、「タスクはしっかりする、夜勤も頑張る」ですかね。

 次に、自分のキャパを知る。今回別れた原因にも少し繋がるのですが……私は彼と1分1秒でも一緒に長く居たいという考えです。だから仕事帰りが遅くなった彼と添い寝しかできないにしても電車で1時間以上かけて会いにいくし、コスパで会うことを考えたりしないで無茶をしてでも会いに行きたがるタイプでした。多分これは変わらないけど、それによって自分の無責任な言動に繋がったり、後になってタスクが滞るとか無理が祟って会える時間が後に減るなど悪いことに繋がるなら、やっぱり自分のできる範囲はよく考えて行動すべきってとこです。例を挙げるなら、「残業は無理だと思ったら断ることも考える、自分の感情と自分の(潜在的数値も含む)能力値を照らし合わせて発言する、休息は十分に取る」とか。でもこれは甘えていい理由には繋がらないです。あくまで自分を過信しすぎるな、ということです。できないことはできない! 出せる100のパフォーマンスを知り、いつでも120が出せると思っていた自分を変えなければなりません。本当に必要な時、生命に関わる時とか彼が求めてくれる時でない限り、自分が120以上を出せることはない、と考えます。自己管理能力ってとこかね。

 それから、信念を持って継続する。なんのこっちゃ、って思うかもしれないですが、まあ主にこのブログのことです。今、彼は私に「多分信用が戻ることは無い」「男遊びしてくれて結構」と突き放している状態です。まあなんというか、過去に初めて別れそうになった時に私がチャットアプリを再開して……っていう出会い未遂があって、彼は私を信用できないのです。ましてや今回、きっちり別れちゃってるわけで、初めての頃なら私は慰めが欲しくてチャットに走っていたことでしょう。でも私はあれ以来、もうチャットしてません。何かあってもLINEの女友達や先輩に話すだけ、他の男なんて考えもしません。彼は唯一無二の存在です。彼が私とやり直してやれる可能性を残してくれるなら、今はいわば冷却期間です。私がこの期間どう過ごそうか、彼に見合う人間に少しでも近づけるか? これに懸かってます。このブログは、私がずっと彼一筋でいるという“当たり前”の証明になると思います。だからこれから、彼に連絡できるようになるまで、毎日このブログは書いていこうと思います。毎回こんな長文にはならないだろうとは思うけど、どんな形であれ毎日彼を想い続けることが私の今一番したいことです。ああやばい、また涙が() とりまそんなとこですね。

 

掃き溜め

 私が書きたかったのはこれです。上の記事は多分今回限りで、毎日気持ちを描くのが目的でこのブログ「破局からの数日間」を始めたのです。日によって波はあれど、これは毎日書いていこうと思います。乱文で人に見せられるようなレベルではないメモ帳程度の日記にはなるだろうけど、瞬間瞬間のその日の感情を残していきたいです。

 

 恋人さん、別れを告げられて1日です。昨日も今日も泣きました。でもそれまであなたを傷つけてきたというのも分かります。待っててくれたあなたを裏切るような行動を取ったのは私です。ごめんなさい。謝罪も聞き飽きたかもしれないけど、次があるのなら直接ごめんなさいできる機会が欲しいです。それまでに、もっといい自分になれるよう、これからがんばります。大好きです。泣きながらの散文、とてもあなたには見せられないけど、綴っていきます。またあなたを笑わせたり、一緒にどこかへ行ったり、いろんな思い出を共有したいです。会いたいです。今叶わないけど、あなたの愛おしい全てを思い出して今日も、泣いておきます。笑った時の八重歯、誰の目からしても魅力的なあなた、私に勇気を出して告白してくれたあなたが、宇宙一大好きです。会いたいです。おやすみ。

【序章】破局日記0日目

恋人に別れられました。

 みなさまグーテルモルゲン、佐藤でth(棋士感)。つい先日、LINEで彼と別れました。色々あって積み重なってきた結果ですが、一方的で突然のLINEでのお別れです。いやまあ、直前に決定打となる喧嘩みたいのがあって、それで。連絡を取ろうにも、“今LINEしたらブロックするからな”ということで、何も返すこともできない……。とりあえず今回のLINEで来た内容は、

“もう信用してないから男作り好きにしていいよ”

“7月になって気が向いたらやり直そう”

というような感じです。今LINE見返したらまた涙が……まあそういうことで、大好きな彼には別れられてしまいました。今も大好きですし、全く諦める気になれません。過去のことを振り返り心傷に浸るだけのバカにはなりたくなかったのですが、やっぱり我慢できないなあ。思い出が今は心を抉ります。でもそれがやっぱり、彼を好きな証拠の一つではあると思います。

 

自分の心持ち、これからについて

 あまり書くべきではないので言いたくないのですが、ここだけの話、彼と完全に離別したら人生やめようと思っています。普通に友達もいて、趣味もやることもあるけど、生きる理由に当たるほどのものは彼以外にありません。実際いまは破局状態で、現在生きて頑張ろうとしているのも、復縁の可能性を信じているから延命しているだけです。だからこれからの復縁目指した1ヶ月ちょっと?は私の生きるか否かが決まる局面にもなります。死んだら悲しんでくれるかな、でも彼の心に残れなかったら寂しいな……と、考えるのはヤメです。死に逃げるのは簡単ですから。こうやって泣きながらでも、ブログを書いて、彼への想いは毎日MAX状態でありたいのです。彼が次に仮に会ってくれるとしても、私を忘れてしまっていても、私はMAX彼を好きな状態で……玉砕しても、彼に自分の気持ちを伝えたいのです。自分の最後の、嘘偽りない100の気持ちが、届いたら、もう悔いはありません。

 

 というわけで、今日からしばらく彼への想いを綴るだけの日記を始めます。

別れ話を経て、今。

彼と別れ話をしました。

 まあ色々あって、ここのところ私は彼と衝突を繰り返したり、話し合いの機会を頻繁に作ったり、ちょっと立て込んでました。で、少し前に彼に“もう無理だ”と突き放され、お泊まりをしていた深夜、ネットカフェに追放されてしまいました。こうなったおおよその原因はまた私なのですが、この時の彼は今までしてきた別れ話の比じゃないくらい本気で私と決別をしようとしていたらしく、ネカフェに連行される途中縋ろうとした私の手を嫌悪感MAXで振り払って、とても迷惑そうに私に接してました。何より私は大好きな彼に振り払われたショックが大きく、感情が処理しきれていませんでした(まだフラッシュバックはする)。

 その後、ストーカー体質である私のゴリ押しにより彼の家で話し合いをして、改めて彼を引き留めることになんとか成功しました。まあその後もまた一悶着あります。

 

話し合い決着から4日後の衝突

 上記での衝突は、私が彼のことを尊重できない思想・発言をしたことから起こったものでした。それからは“これはもう言わない”と決めて交際を続けてもらえることになりましたが、わずか4日後の夜。私が日中に一人でゲーセンへ遊びに出かけて一人で夜までいたことから、彼の中で私への意識が変わることになります。

 彼は私に“夜遊び(一人で夜、外に出かけること)はやめてほしい”と言っていました。それをわかってはいたけど、“夜に出かけたんじゃないから夜遊びには入らないかな”と都合よく言い訳を考え、結局閉店時間まで居ました。いざ帰ろうとしたら、コンビニの駐輪スペースに停めていたチャリは後輪が悪戯でパンクさせられていて、治安が悪く人気の少ない夜道を頼りなく自転車を押しながら一人帰ることになります。23時を過ぎ、あまり馴染みのない街で、携帯の充電も10%未満。こんな時間まで遊びに出ていたなんて彼には隠すべきだったのかもしれませんが、あまりにも不安で連絡せずにいられず、彼からの信用と引き換えに私は一時的で頼りない少しの安心感を得ながら帰ります。

 無事帰ると、彼は帰れたようで安心したとLINEしてくれましたが、失望し怒った様子で“(毎週会うのが当たり前だったが)今週末は会うのやめましょう、夜遊びやめてって理解してね”と添えてきました。

 ただでさえ病み上がりからの仕事帰りで疲れているかもしれない彼に、余計な心配までかけて呆れられて、ものすごく後悔しました。更に自己中なことに、帰っている途中の不安だった気持ちに少し寄り添ってほしいとまで考えてしまい、後悔と寂しさに二重に苦しめられることになりました。

 あまり寝られなかった翌朝の挨拶LINEでももちろん懺悔して、彼からの返信を待ちました。うとうとしながら彼の返信が気になり、意識が半分だけ覚醒しているような状態で1時間以上待ちました。この間、寝落ちかけては通知音の幻聴が聴こえてハッと目覚めたり、自分の都合のいい優しい内容のLINEがくる浅い夢を見たり、すでに禁断症状のようなものが出始めていました。しかし案の定帰ってきたLINEはとても自分に刺さるような冷たいもので、私に対してガッカリとした様子がありありと伝わってきて、処理しきれないショックは私の涙腺を詰まらせて、閉め切ってしまいました。その後も繰り返し懺悔して、丁寧に長文の一方的で返信に困らないようなLINEを送り続け、彼は幾分か許してくれたようでした。

 でも、“やっぱり明日会わない?”の一言で、私はひどく混乱、動揺し、とうとう涙腺が決壊しました。会いたいのを我慢して、週末は反省に充てようと、決意を固めた後だったから。簡単にその苦しい決断を覆すような歩み寄り方で、それは私にとって蜘蛛の糸のように思えました。反省中なので、好きも寂しいも会いたいも泊まりたいも封じていて、そんな私を嘲笑うかのような、断れない誘いでした。寝る直前に彼は、“今後のことについて、会わないと分かってもらえないから明日言う”と、不安を煽るような、別れを匂わすような、そんなメッセージを残して。

 

話し合い(n回目)inファミレス

 まあ、別れ話ではなかった。内容としては、“気遣うようなLINEがウザイ、マイナス作用ばっかだしそんなしなくていい。会う日一日減らしたらめっちゃ精神的にも健康的、少し見直そう。電話はしたいときにするようにしよう。夜遊びしないと約束、門限決めよう”……など。建設的で前向きで、恋人関係の改善にピントを当てた、結果的に有意義な話し合いになった。しばらくは寂しいのが自分は続くかもしれないけど、これで良かったと私は思ってます。

 

要するに

 今の私は彼不足に耐え忍ぶ期間ということです。だからこうやって記事書いてんだろうがああああああああああ!!!!!

 はあ……はあ……叫び終わったところでちょうど寝落ちてた……じゃ、今回の記事はこんくらいで勘弁してやるよ。(何だったんだよ

恋人が恋しくて病んだ時の応急処置(セルフケア)

苦しい!!

 彼は仕事により時間に余裕が無かったり、精神的に私ほどLINE等の形の無い物に拘りが無い。彼に比べて暇を持て余している私とでは環境、状況が違いすぎてLINEのペースが全く違うということに私は不安や寂しさ、得体の知れぬ焦燥感、孤独感に苛まれて少し前に重くなって彼に酷い態度を取ってしまった。

 自分のことばかり考えて不用意に傷つけてくる私に、もっと俺のことも考えて欲しいと彼はLINEで少し怒り気味に伝えてきた。それから少し私が感情的になった後冷静にLINEで話し合いをして、改めて対策というかまあ、寂しさに対する訓練を講じることになる。

 今その訓練中で、“2週間、一日三通しか基本彼はLINEしない。彼に余裕があれば水曜に通話する。会うのは金曜夜から土曜にかけての基本二日。”としている。これがまあ、精神的に弱っている時というか、夜とかはものすごく苦しい縛りになってくる。寂しくて苦しくて、変な汗は出てくるし、呼吸も乱れるし、まあまだ耐性があるとはお世辞にも言えない。おかしくなりそうで、でも私は私で今はタスクがあり、いつものように泣きながら布団に潜って夢の中に逃げるわけにもいかないので、この記事に感情や考えを書き起こすことでなんとか自我を保っているというか、行き場のない気持ちを処理してる、感じです。(非定型鬱患者の逃げ場)

 

そもそも、この感情ってどんな気持ちから来るものなのか

 寂しい、って一口に言っても色々ありますよね。構ってくれないから寂しい、自分のこと忘れられてないか心配で寂しい、愛情を感じなくて寂しい、感情の不一致を感じて寂しい、など。

 以前、彼に“寂しさを埋めるための佐藤のモノとして扱われるのはもう嫌だ”と言われました。昔の佐藤は複数人と遊んでいたから寂しさを感じにくかったのかもしれない、俺一人でその寂しさを満たせるものなのか、とか。

 なんかすごく傷ついたので冷静にここで自分の気持ちの説明をしておきますが、この寂しさは自分に誰も構ってくれなくて暇だから湧く感情じゃなくて、彼のことが好きすぎるからこそ生まれる特別な感情です。前者の寂しさなら友達と遊んだり会話してればきっと紛れるし、趣味仕事してれば回避できます。でも実際、友達と遊んでいても寂しくて涙は出そうになるし、仕事中でも涙を堪えきれなかったことがあります。趣味に至ってはやる気にすらなれない。代わりになる満たせるものがある枠じゃないんですよね、恋しいってことだから。

 とは言え、メンタルが死ぬのは私とて望ましくないです。だから私なりの救済処置というか、セルフケアを載せておきます。(参考になるとは言ってない)

 

f:id:rose8484:20210208234127j:plain

 

応急処置(助かってないけど)

1、明るいサブカル曲のプレイリストを流す!

 まあこれはあらかじめリストを作っておくことをお勧めします。一から作り出すと病みレベルが進行してしまうので。自分の知ってる曲で固めるといいです。あと、暗いコード進行が極力無い曲を選りすぐるといいです。少しでも暗いパートがあると一気に病みが加速する恐れあります←

 一応私のプレイリスト載せときます、参考までに。

youtube.com

2、文字に書き起こす!!

 とりあえずこんな形で私がやってるようにブログなりメモなりに徒然なるままに書いてみると、ほんの少しすっきりします。昇華させるイメージですね、文があまり得意では無いとか、書くほどこんがらがる人は詩や絵などに思いを描き起こしてみるのもいいと思います。なんでもいいので、自分の中で形にしてみることをお勧めします。

3、発信する!!!

 まあこのブログもそうですが、ネットの海に描いたモノなりなんなりを投げるという感じです。誰かに話を聞いてもらい反応してもらうってのは効果あると思うのでかなりお勧めです。それならまあこんな無名ブログなんかにするより、Yahoo知恵袋の相談カテや雑談カテに投げてみたり、パートナーの価値観的に可能なら誰か知らない人とチャットしてみるとか。もちろんTwitterとかでもいいし、穴場ならYouTubeのメンヘラ系動画のコメ欄で自語りとか、コミュニティーって色んなところにあるので、あらゆる場所に出没して聞いてもらうと辛さが軽減できるかもしれませんね。

4、泣く、寝る

 最終手段というか、まあ仕方ないし実際一番自分の気持ちがあふれる効果的な方法だとは思う……けど、一日潰れるしもっと堕ちることもあるので良くないですね。やるにしてもパートナーのアフターケアありきみたいになるし、他の手段試してみてからがいいと思います。

 

寂しいという感情は丁寧に伝えよう

 結局まあ寂しさも一人で全部処理できる感情じゃないんですから、パートナーの気持ちも考えつつ、きちんと伝えようってことです。タイミングや言い方、媒体と長さとか少しは考えて、ね。

 とりま私は彼に次会えるのは今週の金曜になりそうなので、それまでこうやって寂しさをやり過ごすしかねーです。早くぎゅーしたい……。